業者が集中している

イルミネーション

名古屋は中京工業地帯の中心地域であり、東京、大阪と並んで日本の経済流通の要を担う地域でもあります。
また、名古屋の地域情報として、忘れてならないのは、ここが豊田市に近く日本の自動車に関連する産業の中心地域でもあることです。
名古屋を中心とした愛知県全体にには自動車関連の優良企業が数多く存在しています。
経済活動も活発に行われているために、金融機関をはじめとして日本の一流企業が集まっています。
名古屋港は国際貿易港でもあるため、取扱い貨物量は横浜港や東京港よりも多く、日本最大の貨物輸出入の港となっています。
貨物の内容は自動車の輸出をはじめとして食料品や日用品などで、この地域の経済活動を活発化させています。

古代に三種の神器の一つである草薙の剣を収めたといわれる熱田神宮がこの地に建てられてから、この地域は、天皇家と豪族の結びつきで特に壬申の乱後から大きく発展してきた地域です。
江戸時代には御三家の一つである尾張藩として、また東海道の要所として、日本の中枢を経済的にも文化的にも担ってきました。
また広大で肥沃な濃尾平野を背景にした農業生産の発展が経済的にこの地を潤してきました。
近代以後は特に自動車産業の発展とともに他県からの人口も集中し、多くの大学を有することで若者の人口もふえ、新しい文化の発信も増えています。
尾張名古屋という古くからの歴史を大切にする側面と新しい若者文化の融合、また名古屋大学を中心とした世界的にも誇れる科学水準の高さなどこの地が未来を担う中心都市となっていく可能性を持っています。